安心できるインプラント治療ガイド

骨再生治療の併用

埋入する部位に十分な骨の厚みや高さがないと、インプラントの脱落や破折の危険性がありますが、骨再生治療で骨量を増やすことでインプラント治療が可能になる場合があります。 骨再生治療は高い技術を要するため、どこの歯科医院でも受けられるというわけではありません。また、歯科医師によって用いる治療法が異なる場合がありますので、治療前に詳しい説明を受けてください。

GBR

骨が足りない部分に骨補填材を入れ、メンブレンという膜で覆って骨再生を誘導します。 骨補充材には、患者さんご自身の骨を使用する(自家骨)場合と、人工骨を使用する場合があります。

ソケットリフト/サイナスリフト

上顎の骨が吸収されて薄くなると、そのままインプラントを埋入すると顎の上にある上顎洞(サイナス)という空洞を傷つけてしまいます。骨を造成するために、骨の厚さによってソケットリフトまたはサイナスリフトという骨再生治療を行います。

ソケットリフト

インプラントを埋入する穴を利用してサイナス(上顎洞)と上顎の骨の間に骨補填材を注入し、骨の厚みを増やします。サイナスとの境の骨の厚みが4ミリ以上ある場合の骨再生治療です。

サイナスリフト

骨が足りない部分の頬側の骨をくりぬき、骨とサイナス(上顎洞)の間に骨補填材を注入します。骨が極端に薄くてソケットリフトが適しない方の骨再生治療です。

骨が薄くてもできるインプラント治療

一般的なインプラント埋入手術はドリルで骨を削って穴をあけますが、ドリルを使用せず、骨を削ることなくインプラントを埋入する治療法があります。

骨を削らない大口式インプラント

医学博士 大口弘先生によって開発された治療法です。一般的なインプラント埋入手術はドリルで穴を開けますが、大口式インプラントは細い針を使ってゆっくりと骨を押し広げる「骨を削らないインプラント治療」です。骨がかなり薄い方でも骨再生治療なしでインプラントを埋入することができます。