安心できるインプラント治療ガイド

インプラントは、あごの骨に埋入した人工歯根で人工歯を固定することで、天然の歯と変わらない見た目の美しさと、入れ歯のようにガタつくことなくしっかりと噛める快適な機能性を回復することができる「第三の歯」として注目されています。

インターネットの普及により知名度が上がるにつれ、インプラント治療を希望する患者さんも、インプラント治療を行う歯科医院も急激に増えて来ています。
しかし、それと同時にインプラントに関するトラブルの報告も増えて来ました。
安全な歯科治療だと言われていたインプラント治療に不安を感じるようになった患者さんも多いのではないでしょうか。

そこで口コミ歯科・歯医者では、16年以上無事故でインプラント治療を続けている赤坂歯科クリニックの米本久史先生から、インプラント治療が抱える問題点や、安心・安全にインプラント治療を受けるためのポイントなどをお伺いしました。

インプラント治療がかかえる問題

インプラント治療の現場では、次の2つの問題を感じているようです。ひとつは歯科医師側の問題。もうひとつは患者さん側の問題です。治療を行う歯科医師と、治療を受ける患者さんの両方が、真剣にインプラント治療の問題に向き合うことが、解決の糸口ではないでしょうか。

教育が不十分な歯科医師による施術の増加

医療には用いるべき言葉ではありませんが、「インプラント市場」が拡大されたために安易にインプラント治療を始める歯科医師が増えたことが一番の問題と考えられます。

インプラントは保険適用外の歯科治療のため、歯学部での教育が義務付けられていません。そのため歯科医師は自主的にインプラントについて勉強し、技術を習得しなければならず、“最低限の治療レベル”が担保されていないのが現状です。
経験の浅い新米の歯科医師が、経験豊富な歯科医師の指導なしで埋入手術を行うことは少なくありません。極端なケースでは、メーカー主催のセミナーで数時間のレクチャーを受けただけでインプラント治療を開始した、という歯科医師も存在します。

どの歯科医院でも一定レベル以上のインプラント治療を受けられるよう、全体的な技術向上が求められています。

偏った情報提供・偏った情報収集

「格安」「最新」「短期間」。

インプラント治療には、そのような“一見、とても素晴らしいと思える”宣伝文句がつきまといがちです。逆に言うと、患者さんがそのような“サービス”を受けられる歯科医院を好む傾向があるということではないでしょうか。

より良い治療を提供するための医療技術の革新や改善は必要であり、実際に進められて来ているものですが、患者さんがどんなに望んでも、良い治療結果を得るためには絶対に削減できないこと、省いてはならないことがあります。

なぜ他と比べて極端に安いのか? 新しい治療法の臨床実績はどれくらいあるのか? 誰でも短期間で終わるのか? 治療を受ける患者さん自身が「メリットしかない治療法」が存在するかどうかをじっくり考えることも必要ではないでしょうか。

“安全” “安心”への取り組み

歯科の現場では、患者さんに安心してインプラント治療を受けてもらうために、様々な工夫や取り組みを行っています。赤坂歯科クリニックでは具体的にどのようなことに注意して治療を行っているかを、米本先生に伺いました。

必ずCT診断を行う

インプラント治療は、顎の骨に直接人工歯根を埋入する補綴治療です。
難しい症例の場合は、CT診断であごの骨の厚みがどのくらいあるのか、インプラントを埋入する部位の周辺の神経や血管がどのようになっているのかを正確に把握します。

CTスキャン画像をPCに取り込み、専用のシミュレーションソフトでさまざまな角度から骨の厚みなどを三次元的に把握するとともに、適正な埋入位置を診断します。

CT診断を導入することにより、インプラント手術の安全性が高まります。

「骨が薄い」と診断されたら

「骨が薄い」とは、インプラントを支えるための十分な厚さや高さがない状態を言います。このままインプラントを埋入すると脱落や破折の原因となりますので、インプラント以外の治療法を選ぶか、骨を増やす治療を受けることになります。
「骨を増やす治療」について詳しくは、 こちらをご覧ください。

骨が薄い方のインプラント治療

衛生管理を徹底する

患者さんの体質にもよりますが、インプラントが骨と結合せずに脱落してしまう原因の多くは、感染症によるものです。手術中の感染リスクを可能な限り軽減するために、白衣や手袋は使い捨てにし、使用する器具の取り扱いにも特別な配慮をしています。

赤坂歯科クリニックでは、インプラント手術に使用する器具には直接手を触れないように注意しています。滅菌パックから出した器具は、無菌手袋をはめた別のスタッフが配置し、感染リスクをできるだけ軽減するようにスタッフ全員が心がけています。

長期の予後をしっかりと見る

インプラント治療を行う歯科医師が最も重視すべきは、インプラント埋入手術の予後です。
術後数カ月たってからグラグラしていないか、インプラントそのものに問題はないか、感染症を防ぐためにメインテナンスをしっかりしていただけているか、万が一トラブルが発生した場合にどのようなフォローができるか。自分が行った治療に最後まで責任を持つことが最も大切であり、最も当たり前のことだと考えています。

術後のメインテナンスをしっかりしていただければ、インプラントは長期間使用し続けることができます。より長く使っていただくためのサポートをすることも、インプラント治療の一部です。また、これまで使用して来た治療法やメーカーに固執することなく、より良い治療を提供するための検証や情報収集を怠りません。

残せる歯は残す

インプラントは非常に優れた補綴治療ですが、天然の歯に勝るものはありません。
インプラント専門の歯科では、残せる歯を抜歯してインプラントにしてしまう場合があるようですが、赤坂歯科クリニックでは、まず最初に「歯を残す方法はないか?」を考えます。
※歯を残せても、いずれ抜歯が必要になる可能性が高い場合は、インプラントをお勧めすることもあります。

虫歯が歯髄まで進行してしまっている方には、まず根管治療で歯を残せるかどうか検討します。
根管治療とは、細菌感染した神経などを取り除いて根管内をきれいにし、歯の根が病気にならないように根の先まで薬を詰める治療のことです。丁寧に時間をかけて行わなければならないため、根管治療を行わずに抜歯してしまう先生も多いようです。

まずは、カウンセリング

上記のような取り組みは、ホームページや口コミだけではなかなかわからないものです。
しかし、治療を受けてみないとわからない・・・では困ります。まずは歯科医院でしっかりとお話を伺いましょう。

インプラント治療を行っている歯科医院では、治療前の相談やカウンセリングを受け付けているところがほとんどです。セカンドオピニオン、サードオピニオンを受け入れてくれる歯科医院もあります。

カウンセリング時に検査を行うところもあり、また多少の費用が必要な場合もありますが、自分が納得できる治療方針を提案してくれる歯科医院探しをすることが、安心してインプラント治療を受けるための第一歩です。

歯科医院選びのポイント