熊谷歯科医院

東京都中野区鷺宮3-32-5 

こちらから診療のご予約ができます

鷺ノ宮駅 2分

・歯周病治療・神経治療(根管治療)・インプラント・ハイレベルな治療

症例・治療例

▼健康に気づくための歯周病治 :40歳 男性

精密検査〜カウンセリング。 治療期間:8ヶ月月。

治療前

歯周病(歯槽膿漏)は、軽い歯肉炎程度から抜歯をしなければいけないほど重度の方まで、かなり多くの方が罹っている病気です。しかし、かなり進行した状態にならないと自覚症状が出ないために、ご本人が歯周病と気づいていらっしゃらないケースが、非常にたくさんあるのです。こちらのTさんも、歯周ポケットが3〜8ミリ(正常値は1〜2ミリ)であることを知って、はじめて、ご自分が歯周病であることに気づかれました。カウンセリングで、歯周病の中等度にさしかかる段階であること、虫歯治療よりも歯周病治療を優先したほうがいい旨をお伝えし、健康に気づくための歯周病治療がはじまりました。

治療中

虫歯・歯周病の原因となる歯垢を取り除くには、歯ブラシを使うしかありません。ご自分でホームケアをがんばっていただくことではじめて、治療が成功へと向かいます。また、治療終了後、ホームケアが維持できなくなると、再発の可能性が高くなってしまいますので、おうちでの歯ブラシなどのお口のなかのケアと、生活習慣の改善が治療の鍵となります。歯石などの感染物質は、ホームケアではとりきれないため、歯科衛生士が状態を把握したうえで、ケースにあわせてハンドや機械で除去します。

治療後

8ヵ月の通院で、歯周病はかなり改善されました。お口の中の清掃状態もよくなり、歯肉がひきしまったのがわかると思います。8ヵ月前は、歯周病であることに気づいてもいなかったTさんは、治療中、大好きだったコーラを飲むのをやめたり、お酒を飲んで帰ってきても寝てしまわずに歯ブラシを握ったり、努力を続けられました。このように、今まで意識していなかった健康について、Tさんが考えはじめるようになったことが、何よりもの収穫です。 歯周病治療は、治療を終えた時点が、健康への第一歩です。健康なこの状態を維持するためには、ホームケアとメインテナンス(定期検診)が欠かせません。

▼ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチ

治療前

折れてしまった歯、神経を抜いた歯は、黒く変色する場合があり、歯の外側から脱色するホワイトニングでは、白くすることはできません。その場合、歯の中側から脱色をして歯を白くするウォーキングブリーチという治療があります。

治療後

不自然だった治療跡がなくなった上、自然な色合いの歯になったことがお分かりいただけますでしょうか。歯の色のお悩み、どんなことでもお気軽にご相談ください。

▼インプラント+入れ歯の症例

インプラント+入れ歯の症例

治療前

下顎のインプラント治療を行って、再び噛める喜びをとりもどしたAさんのケースです。総入れ歯を固定するためのインプラントを埋め込んだところです。

治療中

噛み合わせを入念に調整しながら、入れ歯を作成していきます。入れ歯を快適に使用していただくための、大切な作業です。

治療後

完成した入れ歯を装着したところです。従来の総入れ歯にはない、しっかりした噛み心地が得られました。■Aさんの感想■インプラント治療を受けてから、生活が前向きになりました。 家族には「顔つきや話すときの表情がよくなった」と言われるようになり、友人の話では「声が何歳か若返って、電話の声が聞き取りやすくなった」そうで、とてもうれしくなります。でも、一番うれしいのは、食事をするのが楽しくなったことです。以前のように、何を食べるにも入れ歯と相談、これは噛みにくいから食べるのを中止しよう・・・そんな情けないことは考える必要がなくなりました。 インプラントにしてよかったと、しみじみ思います。

熊谷歯科医院へのお問い合わせ

ご予約・ご相談ダイヤル
フリーコール0037-6062-223308

診療予約フォーム