矯正歯科の基礎知識

裏側矯正(舌側矯正)

矯正装置を歯の裏側につけることで、外側からほとんど見えずに目立たずに矯正をおこなうことができる方法です。仕事の関係などで、矯正装置が見えることに抵抗がある成人の方に人気のある方法です。

裏側矯正(舌側矯正)の特徴

裏側ブラケット

インコグニート

通常、矯正装置(ブラケット)は歯の表側(唇側)に着けて治療をおこないますが、歯の裏側(舌側)に着けて歯を動かす方法を、裏側矯正または舌側矯正、リンガル矯正、マルチリンガルブラケット法などと呼びます。

裏側矯正が登場した初めの頃は適用できる症例が限られていましたが、徐々に適用範囲が広がり、現在では裏側矯正を得意としている歯科医院であれば、表側(唇側)の矯正とほぼ同等の治療ができるまでになっているようです。
ただし、通常の表側矯正と比べると、費用が高い、治療期間が長くかかる場合があるなどの制限もありますので、特徴を十分に理解したうえで選ぶことが大切です。

裏側矯正(舌側矯正)のメリット

  • 装置を歯の裏側につけるので、外からほとんど見えずに目立たずに矯正をおこなうことができます。
  • 裏側矯正を得意とする歯科医院であれば、表側とほぼ同等の治療が可能です。

裏側矯正(舌側矯正)のデメリット

  • 表側の装置よりも、費用が高くなることがあります。
  • 舌にあたるため、表側の装置よりも口腔内の違和感が強い場合があります。
  • 表側の装置よりも、治療期間が長くなる場合があります。
  • 扱っている歯科医院が限られ、扱っていても得意としていない歯科医院では適用できる症例が限られます。

裏側矯正(舌側矯正)をおこなっている医院を検索する

北海道・東北
北海道(4)青森(0)秋田(1)岩手(0)宮城(0)福島(0)山形(1)
関東
東京(36)神奈川(26)埼玉(8)千葉(7)茨城(2)栃木(0)群馬(0)
北陸
新潟(0)富山(2)石川(2)福井(0)山梨(1)長野(0)
東海
愛知(4)岐阜(1)静岡(1)三重(2)
関西
大阪(1)兵庫(1)京都(2)奈良(0)滋賀(0)和歌山(0)
中国
島根(0)鳥取(0)岡山(1)広島(0)山口(0)
四国
愛媛(0)香川(0)高知(0)徳島(0)
九州・沖縄
福岡(5)佐賀(1)長崎(0)大分(0)熊本(0)宮崎(0)鹿児島(1)沖縄(1)