矯正歯科の基礎知識

顎変形症

「顎変形症」とは、顎の骨自体に問題があり、不正咬合や顔の歪みなどの原因になっている症状です。多くは外科手術を伴う治療が必要になります。

顎変形症の治療

上下の顎骨の大きさのバランスが悪い場合には上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口)などの症状となり、上下顎の位置関係が悪い場合には噛み合わせの異常などの症状になります。他にも、開咬や顔面の非対称などの症状を引き起こします。

顎変形症の場合は、歯並びだけを動かす通常の矯正治療だけでは根本的な改善ができない場合が多く、その場合には顎の外科手術を併用する「外科矯正」がおこなわれます。
矯正単独では改善できない症例でも大きな改善ができ、特に顔貌を格段に良くすることが可能です。
顎変形症と診断され外科手術の併用が必要な場合は、指定医療機関で保険での矯正治療を受けることができます。(保険矯正の可否については、医療機関にお問い合わせください)

症例1

治療前

治療後

症例1:顎変形症 側貌

症例1:顎変形症 右側

症例1:顎変形症 右側

症例2

治療前

治療後

症例2:顎変形症 側貌

症例2:顎変形症 正面

顎変形症の治療をおこなっている医院を検索する

北海道・東北
北海道(4)青森(1)秋田(0)岩手(0)宮城(1)福島(0)山形(1)
関東
東京(133)神奈川(39)埼玉(28)千葉(12)茨城(2)栃木(1)群馬(0)
北陸
新潟(0)富山(2)石川(0)福井(0)山梨(1)長野(0)
東海
愛知(2)岐阜(2)静岡(2)三重(2)
関西
大阪(6)兵庫(2)京都(4)奈良(1)滋賀(1)和歌山(0)
中国
島根(0)鳥取(0)岡山(0)広島(0)山口(0)
四国
愛媛(1)香川(0)高知(1)徳島(0)
九州・沖縄
福岡(4)佐賀(1)長崎(0)大分(0)熊本(0)宮崎(0)鹿児島(1)沖縄(0)