矯正歯科の基礎知識

インプラント矯正

インプラント矯正は、顎骨に「アンカーインプラント」という小さな金属のネジ状の器具を埋め込み、それを支えとして歯を引っ張って歯を移動させる方法です。

インプラント矯正の特徴

インプラント矯正

インプラント矯正は、通常の矯正装置にプラスして「アンカーインプラント」(矯正用のミニインプラント)を使用することで、歯を早く移動させたり、複雑な動きに対応させるための方法です。

「アンカーインプラント」は、小さな金属のネジ状の器具で、これを歯茎の骨に埋入し、それを支えにして歯を動かしてゆきます。通常は歯同士をワイヤーでつないで動かしてゆきますが、アンカーインプラントは顎骨に固定されて動きませんので、しっかりと動かない支えによって歯を効率的に早く移動させることができ、また難しい症例でも自在に歯を動かすことが可能になります。

特に、前歯が前に出ている「出っ歯」の症例で、歯を十分に後退させる目的での使用が有効です。
今までは、前歯を後退させるためには「ヘッドギア」という頭部にかぶせて顎を後方に引っ張る装置が用いられていましたが、在宅時間の短い人には使用が難しいという問題がありましたが、このインプラント矯正で代替できるようになりました。
治療期間を短縮することができるため、歯科医院によっては「スピード矯正」ということもあります。

アンカーインプラントは生体親和性の高いチタン製なので、金属アレルギーなどのリスクが低い体に優しい装置です。矯正終了後には、アンカーインプラントは除去します。

なお「インプラント矯正」は、一般的な「インプラント」とは全く別の治療です。用いるインプラントの種類も矯正用のごく小さなものです。

※通常の「インプラント」は、歯が抜けてしまった部分に金属の歯根(歯科用インプラント)を埋入して人工歯を取り付け、欠損部分を補う治療法です。

インプラント矯正のメリット

  • 前歯が出ている上顎前突・出っ歯の症例で、前歯を十分に後退させる目的で有効です。
  • 歯を効率的に早く移動させることができます。
  • 難症例で、歯を複雑な方向に移動させる必要がある場合に有効です。
  • 従来ヘッドギアを使用していた症例で、ヘッドギアの代わりに使用することができます。ヘッドギア装着の煩わしさがなくなり、さらに24時間固定しているので効率よく歯を動かすことができます。

インプラント矯正のデメリット

  • アンカーインプラントを埋入する簡単な手術が必要です。
  • 稀にアンカーインプラントが脱落する場合があり、その場合は再度埋入が必要になります。
  • 子供は骨が発育途中のため、使用できません。
  • 扱っている歯科医院が限られます。

インプラント矯正をおこなっている医院を検索する

北海道・東北
北海道(5)青森(1)秋田(0)岩手(0)宮城(2)福島(1)山形(2)
関東
東京(314)神奈川(62)埼玉(54)千葉(27)茨城(3)栃木(2)群馬(1)
北陸
新潟(0)富山(2)石川(0)福井(0)山梨(1)長野(1)
東海
愛知(4)岐阜(2)静岡(5)三重(1)
関西
大阪(9)兵庫(4)京都(6)奈良(1)滋賀(0)和歌山(0)
中国
島根(0)鳥取(0)岡山(1)広島(1)山口(0)
四国
愛媛(0)香川(0)高知(1)徳島(1)
九州・沖縄
福岡(6)佐賀(0)長崎(0)大分(1)熊本(1)宮崎(0)鹿児島(1)沖縄(1)